非公式黄リー教道場:1. F.o.R. Method for Mastering English

「非公式黄リー教道場」へようこそ。

この道場は『基本文法から学ぶ 英語リーディング教本(黄リー教)』の実践演習を目的としています。

ルールは次の通り。

  • 下記の英文(100語程度)を読んで、構造図を考える
  • 理解度をチェックする
  • 和訳をチェックする
  • 構造図・解説をチェックする
  • 面白かったらお友達に紹介する
  • 面白くなくても文句を言わない
  • 間違いを見つけたら、優しく指摘してあげる
目次

本文

F.o.R. Method for Mastering English

Many Japanese learners struggle with English comprehension, often misreading because they rely too heavily on intuition rather than grasping the structure of sentences. Popular teaching methods often don’t emphasize accurate analysis of English syntax.

However, there’s a method called “F.o.R.” created by Yoshiro Minai. It helps you focus on analyzing English sentences by their structure. With F.o.R., learners can break free from relying blindly on feelings and find the correct answers through logical foundations.

Although criticized by particularly those who favor intuition-based language learning, F.o.R. has garnered significant acclaim from renowned language instructors and second language acquisition theorists.

For those wanting to learn English, starting with F.o.R. is recommended.


理解度チェック

次の内容が正しければT、正しくなければF、言及されていなければNを選んでください。

※タップすると解答が表示されます。

Many Japanese learners struggle with English comprehension because they rely too heavily on intuition.

T

第1段落で「Many Japanese learners struggle with English comprehension, often misreading because they rely too heavily on intuition」と言及されているため、正しいことが分かりますね。

F.o.R. was created by Yoshiro Minai.

T

第2段落に「there’s a method called “F.o.R.” created by Yoshiro Minai.」という文がありますね。

F.o.R. has been criticized by people who emphasize analyzing English sentence structures.

F

第3段落に「Although criticized by particularly those who favor intuition-based language learning」とあることから、F.o.R.は(英文の構造解析を重視する人ではなく)直感的な学習を好む人から非難されていることが分かります。

和訳

英語を極める:F.o.R.メソッド

多くの日本人学習者は英語の理解に苦労し、英文構造の把握よりも直感に頼りすぎているせいで、しばしば誤読をする。人気の英語学習メソッドでは、正確な構造解析を重視しないことが多い。

しかし薬袋善郎が考案した「F.o.R.」と呼ばれるメソッドがある。F.o.R.は、英文を構造によって分析することに焦点を当てる手助けをしてくれる。F.o.R.を用いることで、学習者は盲目的にフィーリングに頼ることから解放され、論理的根拠に基づいて正しい答えを見つけられるようになる。

直感的な言語学習を好む人々から特に批判を受けているものの、F.o.R.は著名な英語指導者や第二言語習得論の研究者から多大な賞賛を得ている。

英語を学びたい人は、F.o.R.の習得から始めることを推奨する。


下記の構造図・解説は、あくまで「英語学習者」である管理人によるものです。誤情報が含まれている可能性もあるため、十分にご注意ください(コメント欄またはTwitter(X)にてご指摘いただけますと幸いです)。
なお構造図・解説はすべて『黄リー教』の内容に基づいています。詳細は『黄リー教』および副教材をご確認ください。

構造図

特殊な構造図記号

cj…従属接続詞
+ad…誘導副詞
+S…真主語
-S…仮主語
+O…真目的語
-O…仮目的語

解説

第1段落

misreadingは裸のingで、ここでは(現在分詞)分詞構文の働きをしています[黄リー教: P208 12-7]。

rather than graspingのrather thanは「〜するよりもむしろ」という意味を表します。graspingは動名詞で、前の働きは前置詞の目的語です[黄リー教: P362 18-2]。thanは本来「従属接続詞」ですが、ここでは「前置詞」に転化しています。詳細はTOEIC精読講義を参照[TOEIC精読講義: P43]。

第2段落

Howeverは文修飾の働きを持つ副詞です[黄リー教: P341 17-9-3, P344]。

「there’s a method called “F.o.R.” created by Yoshiro Minai.」の文にはis, called, createdの3つの動詞があります。
このうちisは現在形なので、絶対に述語動詞です[黄リー教: P202 12-2]。
calledとcreatedには、それぞれ過去形・過去分詞形の可能性があります。過去形は絶対に述語動詞です[黄リー教: P202 12-2]。calledとcreatedのいずれか、もしくは両方が過去形だとすると、すでに述語動詞のisがあることから、「2つのVのルール」に反してしまいます[黄リー教: P325 17-5]。
isには現在形(述語動詞)以外の可能性がありません。calledとcreatedには過去分詞形の可能性もあり、過去分詞形の場合は絶対に準動詞になります(裸のp.p.=絶対に準動詞[黄リー教: P202 12-2])。つまりcalledとcreatedがどちらも過去分詞形(準動詞)であれば、「2つのVのルール」に矛盾しません。
よってこのルールに反しないためには、calledとcreatedはどちらも過去形であってはならず、過去分詞形でなければいけないことが分かります。
なおcalledとcreatedはどちらも過去分詞形容詞用法で、methodを修飾しています[黄リー教: P423 20-5]。

focusは原形と現在形の可能性がありますが、helpsが現在形=絶対に述語動詞であることから、focusは原形に決まります(focusが現在形だと、「2つのVのルール」に反する)。focusは原形不定詞で、⑤helpsの補語です[黄リー教: P295 15-9]。③help (to) do、⑤help O (to) doはルール上、通常の不定詞・原形不定詞のどちらでも良いことになっていますが、実際は原形不定詞を用いることが多いように感じられます。

analyzingは動名詞で、前の働きは前置詞(on)の目的語です。

「It helps you focus on analyzing English sentences by their structure.」を整理すると、まず「It helps you focus (on)」の部分で、「It = F.o.R.はあなたが集中することを助けてくれる」と述べています。そして「何に集中するのか」を示しているのがon以下(「analyzing English sentences by their structure」)です。すなわち「英文の構造によって(基づいて)英文を解析すること(に集中する)」となります。

relyingは動名詞で、前の働きは前置詞(from)の目的語です。

「… on feelings and find the correct …」のandは等位接続詞で、breakとfindをつなげています。等位接続詞は通常同じ働きの語・句・節をつなげるはずですが、動詞に限り、働き(番号)が同じでなくてもつなげることができます[黄リー教: P88 6-10]。

第3段落

criticizedの前にはit isが省略されています(副詞節の定型的な省略[黄リー教: P193])。

「those who favor…」のthoseは「人々」という意味で、who以下の関係代名詞節が修飾しています[黄リー教: P255 問題13-1]。

第4段落

wantingは現在分詞形容詞用法で、直前のthose(人々)を修飾しています[黄リー教: P282 15-2]。
裸のingには動名詞、現在分詞形容詞用法、分詞構文の可能性がありますが、動名詞だとすると名詞が余ってしまい、分詞構文の場合は通常コンマがあるはずです。よって現在分詞形容詞用法であることが分かります。

startingは動名詞で主語の働きをしています(述語動詞はis recommended)。

余談

このたびは「非公式黄リー教道場」にお越しいただき誠にありがとうございます!

初回の英文はいかがでしたでしょうか?

前述のとおり「非公式黄リー教道場」は、黄リー教学習者向けの実践トレーニングを目的としています。

『黄リー教』と『実践演習』は単文に焦点を当てていました。でも「もう少し長い英文で練習したい」と考える人もいますよね。

「非公式黄リー教道場」の英文は、100語程度かつ難易度の高くない単語で構成されています。

黄リー教後、「いきなり原書に挑戦するには不安がある」または「原書に挑戦したが、難しくて挫折してしまった」という方をイメージして作りました。

「非公式黄リー教道場」の英文をスラスラ読めるようになれば、おそらく初心者向けの原書に十分チャンレンジできると思います。

『黄リー教』を学習した後は、ひたすら実践を重ねていく以外にやるべきことはありません。私自身もまだまだ経験を積んでいる最中です。一緒に「非公式黄リー教道場」でトレーニングをこなして、いつか読みたい原書にチャレンジできるよう頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

とりいのアバター とりい 黄リー教多読部部長

元英語嫌いのアラフォー。『黄リー教』に魅了されて以来、英語学習にハマっています。『黄リー教』への恩返しのため、主に学習サポート情報を発信中。ただし、あくまで素人の見解なのでご注意ください。少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

好きなこと:妻との散歩・旅行・NFL

ご意見等ございましたら、Twitterまでご連絡ください。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • あったらいいなを形にしてくださってありがとうございます。
    解説・第1段落のgaspingはrが抜けています。こんなことでしかお役に立てなくてすいません。

    • YTさん、喜んでいただけて良かったです(ノД`)・゜・。

      げっ!本当だ…。

      ご指摘ありがとうございます(*´ω`*)
      修正しておきました!

コメントする

目次